石川県金沢市平町 山のパン屋さん

qrcode.png
http://yamanopanya.jp/
モバイル版はこちら!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
山のパン屋さん
〒920-0955
石川県金沢市平町ロ53番地
TEL.090-9768-8561
FAX.076-229-3372

──────────────────
パンの小売・製造
──────────────────
 

パンへの思い

 

山のパン屋さん開店まで

山のパン屋さん開店まで
 
え?!こんな山奥でパン屋さん
 山のパン屋さんが誕生するまで
 
店主である私の主人のおかあさん南 千恵子は金沢市平町で産まれました。
小学校に通うのに片道1時間半の道のりを歩いて登校。また1時間半かけて帰宅。雪が半端なく降る冬も大人の歩いてできた雪の道をただひたすら歩いて登下校しました。6年間1日も休まずに・・・。
でもその道のりは楽しいものでした。自然は、春夏秋冬といろんな色を見せてくれます。季節ごとに違う虫達も出てきます。田んぼに水が入るとまさしくカエルの合唱でした。
中学・高校はさすがに下宿生活。でも平町が恋しくなることが多かったそうです。
そして就職・結婚を機に平町を離れ同じ金沢市内だがスーパーなどがあるいわゆる町に引っ越した。
仕事や家事や育児が一段落し、大好きだったおじいちゃん(店主にとってはお父さんです)が他界・・。今まで、毎日山の家で生活をしおばあちゃん(店主にとってはおかあさん)と一緒に野菜を育て草刈りをし米を育て大好きな場所を守ってくれていました。でも、おじいちゃんが他界してからは山がだんだんさびれてきました。おばあちゃんも毎日山の家へ行き畑をしたりしますが、おじいちゃんがいたころのようにはいきません。店主であるおかあさんはやっぱり産まれ育った町に帰りたいという思いが強くなりました。そして自分にできることを考えたと言います・・
「そうだ!子供達においしいパンを食べさせてあげたいと思い習っていたパンを作ろう。大自然の中で
 あのおいしい水をつかって
おかあさんのすごいところはたくさんありますが、思い立ったらすぐ行動。パンをつくりたくさんの人に試食してもらいたくさんの意見をきき始めました。材料も吟味し始めました。その行動力には本当にびっくりさせられ、羨ましくも思いました。
周囲には「こんなところでパン屋さんなんかしてもだめじゃない?」「人なんて来ないよ」などネガティブな意見を言われました。だけど、ポジティブなおかあさんはまったくと言っていいほど前向きであっという間にパン屋さんが完成しました。あっという間といっても手抜きではありません
こんなところにこんなパン屋さんがと思いますよ!!一度来店してみてください。ただ、私が主人と結婚する前に「今日は山の家に行くから」と言われ頭の中は???でしたが言われるがままに車に乗り走り出して数分・・・。おいおいこの人は結婚する私をこんなところに連れてきて何が始まるんだ・・もしかして捨てられるいやいやそれはないだろう・・など頭の中はパニック寸前でした。でも山の家に着くころには不思議と穏やかな気持ちになりましたよその頃はまだおじいちゃんも元気で「よく来た」と笑顔で迎えてくれました。帰るときはさっきまでパニック寸前の私はおらず、、、ただまた来たいなと正直に思ったことを思い出します
 
 
 
山のパン屋さん~今までそしてパンへの思い~
山のパン屋さんが開店したのはちょうど8年前。
1年目は私が2人目の子を妊娠しており、アパートで主人と長男と三人で暮らしていましたが、おかあさん達と同居を始めた年でもあります。山のパン屋を開店させてからしばらくして私の臨月がやってきました。もちろん出産してからは実家に帰るであろうと思っていた矢先私の実家の父が倒れました。くも膜下出血でした。臨月のお腹を抱えすぐに実家に行きました。幸いにも手術はうまくいきました。でも、心配なのは父もそうですが私の体調です。ずっとお腹が痛くどうしようの毎日でした。でも、不思議な事に下の子が産まれる日一番に下の子を見に来てくれたのは父でした。倒れてから26日目・・外泊が許可され家に帰る前に病院に寄ろう!と思って寄るとちょうど産まれた時でしたうれしさも2倍でした
さて、実家に帰る予定はなくなりおかあさんにお世話になることに・・。
山のパン屋を開店させて日も浅く思った以上にお客さんに来ていただいている中、おかあさんの戦いが始まります。長男の保育園の送り迎え、毎食の6人分の食事の準備、週末の山のパン屋さんの仕事。
大変な思いをさせた開店1年目でしたが、来店してくださった皆様に口コミで広がり「おいしいね~
又来るよ~」と言ってくださる方ばかりでおかあさんもとても喜んでいました。
2年目!!なんと地方テレビ番組ではありますが「どきどきテレビ」の取材を受けることになりました
ラッシャー板前さんやよくテレビで見るアナウンサーのきれいなおねいさんが取材にきてくださいました。テレビが放送された週末・・。大変なことが起こりました。山奥にがたくさん来るではありませんか開店3分で店は満員パンは売り切れ次に焼きあがるのは13:30です。たくさんの方が何も買えず帰っていかれただただすみません・・・でした。でも12:00くらいにまた来店してくださる方ばかりでこれまたびっくりその光景は、山のパン屋さんが冬休みに入るまで続きました・・・。
3年目の春、もうテレビの影響はないだろうと思っていましたが、去年買いに来てくださった方々がまた次々と来店してくださいました。本当に感謝の気持ちの3年目でした。
4年目の春。またまた事件は起きました。開店して3週間目の土曜日。たまたま私も手伝いに行っているとまた山奥にがたくさん来るではありませんかお客様の話を聞くと、どきどきテレビの再放送がされたという情報。テレビ局さん再放送するんなら一声かけてくださいと叫びたくなりました
そんなこんなで8年目・・・。少しでも多くの方に大自然の中でつくられたおいしい手作りのパンを食べていただきたくネット販売させていただこうと思いました。
毎日食べるご飯。今ではパンを食べる方の方が増えている世の中です。ちょっとそこまでいけばいろんなものが買える時代です。その中でも私達山もパン屋さんは1つ1つ丁寧に真心こめておいしいパンをみなさまにお届けできるように頑張っていきます。みなさまが笑顔になり、うんおいしいと言っていただけるパンを全国の皆様にお届けできたら幸いです。
ただ、なにぶん手作りですので、作れる数も決まっています。でも、1つ1つ丁寧に真心こめてお届けしていきますのでよろしくお願い致します。
 
 

 

 
<<山のパン屋さん~Flattness~>> 〒920-1334 石川県金沢市平町ロ53 TEL:090-9768-8561 FAX:076-229-3372